ほっとけばいいんだ。あれもこれも。どうして手をだすの?自分一人じゃ面倒みきれないから。

僕が死ぬ前に、そう、僕はこうして自分が死ぬであろうことを前提にしなくちゃ何も言えないのだ。現代は平和だから、と、まさに死の実感を得るために戦争という共同幻想が必要なくらい貧弱になりたくはないのだ。共同幻想は、素晴らしい治癒力を人々にもたら…

どうでもいい

危ないのだ。とにかく、何に対しても興味がないんだ。それが、長く続くとは思われない。無欲であるはずもない。ただ、じっかんがないのだから。実感がないとは恐ろしいことである。自分が得体も知れない環境で生息しているという恐怖である。誰にも理解され…

ビジネス右翼

近頃は何もかもがビジネスに見えてきてたまらないのだ。どうすれば儲かるのか、そればかり考えている。どうすれば経済はうまくいくのか。経済がうまくいけば、次に来るのはうまくいかない経済だ。成長ばかりしていられないのではないだろうか。インフレを起…

過去は変えられない。

自己主張

わからない、自分が何を考えているのかもちっともわからない。話したくないことならたくさんある。やりたくないこともたくさんある。でも、やりたいことなどなにひとつないのだ。やりたいことをするには、たくさんのやりたくないことをこなさなくてはならな…

肝臓に休日を

とーんっといなくなって、さてどうしようかと途方に迷ってしまえば、世界は謎に満ちてしまう。どうも桜木けんとでーす。ケトン体ドバドバ出ちまって、ちょー健康体の桜木けんとでーす。 横浜はいいところでーす。めっちゃいいところでーす。でも、たいしたこ…

生きていてすみません

太宰治のような嘘っぱちの文章しか私には書けませんから、世の中の真面目な事件についてふと笑ってしまうのです。なに、台風が来た。そんなことがニュースになるんですから本当に笑っちまいますわ。こちとら、台風よりもひどい風の中にいるっていうのに。 へ…

貧しい時代

非常に怒り狂っている。「携帯を勝手にみるべきではない」 戦争は二度とするなよ、と同じ程ほぼ定説になったのが他人の携帯を勝手にチェックするなということではなかったか。人間には様々な側面がある。環境に応じて顔を使い分ける。それは本人の自由であ…

嫌われる男たち。自滅する女たち。

男の甘ったれ加減を女が痛みで許し。女の厚顔無恥を男は苦しんで叶えようとする。男女が混じり苦しみが生じる。男は仕事。女は家庭。役割分担のない今の時代は相手の心を読む。欲望のありかを探す。泥沼に手を突っ込み探した宝は夏の太陽に燦々と光を放ち灼…

夢は叶えられない人のためにある

夢・・・。それを欲望といい、また、目標と言い換えられもする万能な言葉夢。夢を語ればうざがられるか、聞いてくれる人のいい奴のプライドを撫で撫でしてくれる、夢。夜見る夢の方は暗く、起きて語る夢は明るい、夢。夢は、人間の無意識の表れでもあり、意…

いろんなバカ

バカだね。みんなの評価あてにして、元気なんてもらっちゃって。それいつ返すの?貰いっぱなしは許されないんだ。ありがとう。それだけでいいのなら億万長者だね。いつも人に借りを作る。愚かなことだ。しかし、それをなんとも思わない者もいる。ツワモノで…

きょうはとても悲しいことがあったよ

きょうはとても悲しいことがあったよ。だから、きょうは最悪の日。だって、すごくかなしかったんだから。泣けるっていいな。泣かなくても悲しいんだよ。泣けるってずるいな。泣いてなくても悲しいんだよ。でも、泣かなくちゃ悲しいってわからない。嘘。全部…

人間は、他人の話を聞けない

手に針が刺さってしまい血が流れた。 せいかくに書けば、血は流れたのではなく、血がぷくっと丸く指の先にドーム型に膨れた。その一瞬の痛みを一体理解できるのは誰だ。案外、針仕事などしたことのない人間の想像が作り出す痛みの方がリアルでそれに悶え顔を…

こんこんと湧き出る水

僕に文章がちっとも書けない理由を問うてくれるな。私は完全に自由を開け渡そうとしている。私は自由にうんざりしているのだ。ちっとも自由は私に快感を与えてはくれない。不快感の蓄積が私の脳髄に溜まって私の脳みそを溶かしついには自我を失って路上に朽…

瓦礫の中に手が

瓦礫の中から手が伸びていた。白くなった手は硬くなって水気を失いボロボロになって散り風に散った。空に浮かんだ気球線が、白い太陽を遮り空をまっすぐに進んで消えていった。シャボン玉が浮いて、空高く、青い空の上に向かって歩いていく。電車は轟音の中…

トランプさんはいい人

テレビつけていたらね、トランプさんが握手していたの。あの、金正恩よ。どちらも口が悪くて、行儀は悪いけれども、どこかにているのねーって思っちゃった。これで、米朝関係が良くなるといいわね。北は、いろんな国に利用されているらしいからね。政治家な…

女子から見た大学生

ほんっと、つまんないことで笑えるのは仲間だからなんだよ。内輪ネタがすぎるんだよ。仲間じゃなければ、笑えないことが多い。ワンピースの弊害だな。やたら仲間を大事にする。うるせえよ、自由にさせてくれ。右向いたらあいつの顔、左向いたら犬の顔。どっ…

自分は

自分をさらけ出す欲望もあるわけではない、しかし、それをしなくちゃ鬱屈した気持ちから解放されない。そんな気がするのである。不満な女はその不満をいままで親にぶつけ諭されてきたのだろうが、それができなくなっていつまでも不満にそして、自分の体のみ…

足つぼマッサージは役に立つ。

それにしても文字が打ちづらすぎる。俺がいけないんだ、俺が。この観念がどうしても止まらない。後悔あるのみ。土下座してすみませんと謝ろうと言う気力もない。ただ、漠然と、自分という人間を不埒に扱ってくれる人のところへ赴くばかりだ。熱湯風呂に入れ…

足つぼマッサージは役に立つ。

足つぼマッサージは役に立つ。

やせたいというけれど

やせたやせたいというけれど、本当にやせたいからこそやせられないのだ。それがわかっちゃいない。痩せたいという気持ちは、痩せたくないという気持ちを連れ添って歩いている。だから、人間の欲望は叶えられない。好きで買ったバイクも、そのうちカスタムで…

あれなんすよ

いろんな人が頭のなkない思い浮かんでくるんだよね。じっとしていれば何か起こるんじゃないかって。ここでのルールとしてその善悪の判断はやめよう。と、書くこと自体矛盾しているんじゃないか。この問題点についてどう考えればいいのか。あくまでも、ルール…

犯罪者は金になる、正義感も金になる、だから、正義感を持て。犯罪者を罰する気持ちを持て。さすれば金が手にはいる

さて、世の中金ですかね。どうも、そうじゃないと言いながらオールオアナッシング。金こそ世間だと、白黒つけてみたところで、何になろうか。犬は四つ足で歩くよね?走っている瞬間は一瞬飛んでるけど?みたいな話だ。世の中の定義を曖昧にしておく。きれい…

諦めの世界。一体全体ものを買う手段しか皆考えない。広告宣伝だ。いいものを売るんじゃない、相手を惑わせてものを買うんだ。消費者も賢くなった。しかし、今はバカになってる。金さえあれば、いつでもものを買うだろう。決してそれで自分が偉くなることな…

書いてやろう

世の中は狭くなったな。おまけに心まで狭くなった。勢いのある奴は頭に杭を打たれて頭がぱっかーん割れてる。どうする日本!オリンピックだけが目標のこの国で、毎日の小さな物語を生きる。生きた証は歴史にではなく私の心に記憶される。それを金にする気も…

女 

あー、クソ死にてえわ。腹いてー、女の子とわかったふりしてんじゃねーよ。お前なんかに女の子とわかりっこねーから、まじふざけんな。女はな。理解なんてもとめちゃいねーんだよ、女は常に俺についてこいってやつが好きなんだよばかしねわかれ。あーしにて…

馬鹿

まず怒りくるうにも健康であらねばらなぬ。私は馬鹿である。私は馬鹿であるから今からの方言は完全に無視してもらって構わない。いや、馬鹿の独り言だと思って無視してくれ。願わなくたって、レスポンスがないんだ。一人劇場。目の前にはなんら観客がいない…

ぼやき

ぼやこうぜ。いろんなニュースがとめどなく流れている。どうでもいいと、思えるものがニュースだ。本当に関心のあるのは今日の晩御飯。犬になってみるがいい。君が人間だって、そう思い込んでいるだけだ。何にだってなれる。さて、病院に拘束されたことを理…