読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好かれようと思うのならば嫌われるべし

好かれようとすれば嘘ばかりつくことになり本当のことばかりいえば嫌われることになる。

禁断

たしかに、私は自分が気持ちよくなるために書いているのであって決して芸術的なもののために書いているわけではないのだ。それを否認している僕の心が辛い。僕は自分を偽ってまで相手に合わせようとするところがあるけれどもそれは相手が好きなのだからとい…

今こそ宗教学を

現代の社会は腐っているという時にそこに僕が住んでいながらなぜ腐った社会を捨て去ることができないのかという問いを自分自身が追いたくないがために今の社会は最高だという手法は約二たちはするだろうがある種の人々にとっては反感の種になるだろう。私が…

バイクについて

近頃はバイクに乗らない。バイクに乗っていて楽しいと感じるには山に行く。くねくねした山水戸を走るのがバイクの醍醐味であるし楽しみでもあるのだgそのバイクに乗り機会というものを別の機会に当てているのでバイクに全然乗れていないのだ。駐車場代ばかり…

ネットバカ

ネットは人をバカにする。頭をボケさせる最善策と言える。ネットでは体力の消費を考慮しない考えばかりが先行する。家にいながら世界の景色を見ることができる。想像力が人生を豊かにするのならネットは人間の生活から想像する楽しみを奪い、ネットを通して…

私を去るとはいいましても、むずかしいことでありまして、私を去れば私はいったい何かと申しますとなにものでもなくなってしまうわけでありまして、法律関係からも失敬ということになりますと殺陣でも強盗でも犯しても私はそこにいなかったということになり…

パソコンで文字を書くと無機質な感じになる。僕の字じゃないじゃないか。そこに人の血が通っていない。そんな文字を量産しておしゃべりして朝起きたら気持ち悪くて吐きそうになる。僕は病気だ。病に侵されている。治療法があるだろうか。テレビを見ないこと…

感性が鈍れば。そう検索する。自ら解決しようという意思がない限りいつまでも検索を続けるだろう。検索とは何事ぞや。私の中に料理のレシピがないのは悲しいことだ。クックパッドがある限り記憶力を発揮しなくてもいい代わりに、創造的な料理を作ることもで…

私はもう笑えないのかも。だれも助けてくれない。この意味するところを話すことがめんどくさい。生きる気力を与えてくれと平気で口にするくらい人間としてダメになってしまった。僕がダメになる時それは僕がダメであると確信した時なのだけれども、その時に…

僕は頑固なほどの客観的なことを信じない

客観的なこと。それは僕に関係することだろうか。もちろん頭痛がした時、その対処法としてコーヒーを飲む。それは、血管の拡張を抑えることで血管が神経と接触するのを防ぐのにいい。しかし、これが客観的かわからない。主観的であるとはどういうことか。そ…

ぼくはおかしい

ぼくはおかしい。おかしいくらいにわけがわからない。それに恐怖するわけではないのだけれども僕が世の人から嫌われる人間であると思うしそうであったとしても開き直れるくらいのお気楽さがあるかといえば、おそらくは僕が虐げられるほどに反抗心がわき生き…

ちがうちがう

僕の言いたい事はそうじゃない。言いたい事なんてあるのかい。ないんじゃないのかい。世の中の人がみんな嘘つきに思えるよ。盲目的なほど純粋さ。しかし、純粋は腐っていくけれども。腐ってれば腐る事はない。腐り続けるだけじゃないか。僕はどこを見ている…

書きたくない事

今日も晴れている。下からは工事の音。晴れている。どこかへ行くのもいい。バイクにまたがって。車庫を開けるのがめんどくさいか。そりゃ失敬。どうも僕はタガが外れてしまっている。昨日の夜僕は商店街を抜けて歩いた。とてもじゃないが、辛い気持ちになっ…

書く事

書くってのはなんだ。書くってのは吐き気だろうか。書けば書くほどに自己の統一性のなさにやるせないきもちになる。タイピングは良くない事ばかりを書いている気がしてならないというのも僕のおきまりの大得意な認識のなせる技なのだろう。とにかく僕にはあ…

タイトルの名前を僕のカルテとでもしようかな。

私が書いているの18禁だろうか。法律なんてぶっ飛ばして書きたい事書いている。それにしても、自分のしたい事考えている事を実現する事ってのはつまらない。コトコト事。事について調べる。自分の癖をみつけることだね。記事はちゃんと読まなくちゃ文意は…

なにものでもなくて

現代文明に嫌気がさす。彼らは感情を持たない。人間に興味を持つ。オゾマシイ。人を見ようとしないところに人がいるのに。そこをみない。表面ばかり。僕が悪い。悪いってどういう事だ。僕は何も悪い事をしちゃいないじゃないか。論旨が明快であればいいのだ…

血の気が昇るようなことを書こう

話す。答えはない。話すこと。ことが大事。事事。シチュー食べたいな。お尻がかわいい。布団がずり落ちそう。雪崩。テレビはオフ。僕が映る。優しい指でタイピングしてください。僕の顔は偉そう。顎上げて。目はぼんやり。昔からぼんやり。やる気とは無縁?…

死人に口無し

例えば死んだ人を利用して自己主張することがある。その時に、その人は浮かばれないだろう。他者に理解を求めるような真似はしないほうがいい。無理なことはしてはいけない。しないほうがいい。しないほうがいいことばかり。自分がしたいことが何変わらない…

感想。

善悪の判断は精神的潔白にちがいない。手が汚れていると手を洗いまくれば皮膚が荒れる。善悪の判断を保留して悪いことすりゃいいってことじゃねえんだよ。 考え方ってのが大事よ。どう女のあそこをつくかだわな。いいところがいいんだよ。 精神的潔白者の発…

現代について

現代について論じるほどバカらしいことはない。現代は多くのバカも賢く扱ってやろうって社会だ。先生なんてバカなのに偉そうにしやがって。俺は客観的な文章なんて書けない。そんな文章金貰えば書いてやってもいいが、金にもならないのにクソ真面目に論評し…

未来。

何を書くのか迷った。書くことは記録ではない。書くことで自分が人間として独立して周囲の阿鼻叫喚の群衆から離れて一息つく行為である。休息の行為であるし、自らの身体の声に耳をかたむける感性を保つための行為である。私の書きたいことは主に、現代社会…

生活

ふたりの生活にある影 ふたりを庇護する影 暗闇の衣服を共に纏った 甲羅に閉じ籠り 精神は滋養を育む 彼女の時折の嘘 嘘も誠もさくらんぼう 彼女の陽気さと残酷さ 夜中にあらわす まんまる月の眠り猫 今宵の月も満月 黒に紛れて開くページ あゝ、わたしたち…

テレビ嫌い

テレビが嫌いがとまらない。人が歌うより自分が歌う方が楽しい。ドラマだって、下手くそばかり。テレビの人気者がテレビをみる馬鹿どもからくすねた金でファッションショー。テレビ奴隷の馬鹿セレブに憧れる馬鹿野朗。利用する魂胆が気にくわない。テレビの…

音がする。幻聴?君は誰。思い出す人。私を苦しめる人ばかり。過去を振り返り。後悔が蝕む。ああ、心よさようなら 心よさようなら どこかに捨てて誰かに拾われるだろう 拾った人よ、あわれなり 失った秩序。脳科学。ニューロンの反応パターン。人間おかしい…

得ようとすれば失って

好きなものを買って 後悔して 嫌いになる 捨てられず タンスの奥に しまわれた 中国産の服 made in china made in china 異国の地で 葬り去られ いつ訪れるだろう サハラ砂漠のど真ん中 誰か埋めてあげて さまよう霊に スフィンクスがなぞかけ お主は足もない

カッコつけ方の問題なんだ。全てには形が必要なんだ。内容は失われて結構。ものは捨てよう。なくていい。 服装は、内面からだ。内面が現れるんだ。好きなものが外にある。それをうまくかけといわれてもめんどくさいのでよしておこう。さて夢を見たかのように…

言語分析。君の言いたいこと考えていることで胸につっかえていることを指摘し吐き出させること。それがどうした。僕は考える能力を失った。というより、動機を失っている。いけないのは僕だろうか。そうだろう。まあいいさ。多言は慎むべきなんだ。僕がいか…

嫌う事

嫌う事は、心臓に負担がかかる。血流の流れ悪くなり、気分も害する。嫌うという感情は自己破滅への道。悪口も同じなり。一時の下剤としての役割を担う罵詈雑言も、一度吐けば十分で、吐くものなき時に嗚咽の快感を得んと胃の中空っぽなるに口に手を入れ悪態…

きょうのニュース

つまりは、ニュースなんて見ている暇はないのだ。暇は暇人なりに時間の潰し方を見つけなくちゃ。もちろんある。しかし、後ろめたさがある。まだまだ素人だ。叶わない。外に出ればカラスがいる。ゴミ袋をあさっている。私もゴミをあさらなくては、と焦燥する…

想像力は最後には相手を征服する。 想像とは、私心を去り。相手に自分を売り込む手法である。相手は何も考えていないからそこを補うのだ。補いながら最後には我が手中に収める。私心を去る。そういうことだ。あることに身を委ねるというが何も考えないのでは…

壮大な地図を前にして自分の占める位置の小ささよ 愛は全てを壊して進んでいく。万物は愛のもとに怯えている。 音楽は僕の体を動かす。 愛ってやつは・・・・。 脚本家になりたい奴を軽蔑する。お前は脚本家になるんだ。作品なんか作れやしないよ。 自分の過…

今の感覚 

未来に希望を抱けない。希望を抱いたからといって明るくなるはずはない。手段が目に見えている。レールが見える。なんとつまらない。レール、なのかと途方に暮れてしまう。今の感覚。僕は悪人だ。怠惰だ。もったいない時間を過ごしているという気分。しかし…

失敗を話せる仲に

失敗を恐れるのは、その話を聞く相手側だ。僕自身が恐れているのではない。失敗をして恐れるのは、失敗をした自分というふうに僕を語り始める周囲の評判だ。失敗がなんだ。失敗もできなかったような貧しい人生なんてクソ食らえ。失敗が悪いというのなら、成…

いつだって空は綺麗なんだ。待機ってやつは気分屋でいつも僕の心の真似をする。毎日君を見る。平日は疲れてる。朝から。僕は申し訳ない気持ちになる。 それでも、僕は自分を責めたりしない。君の負担になりたくない。 わかってるつもりさ、君が考えているこ…

僕はそれでも生きているんだ。誰の心の中にも存在したくなんかないね。僕を一つの目で見ないでほしい。それがために僕がどれだけの変わった行動をしなくちゃならないんだ。誰も僕を心の目で縛らないでほしい。唯一あなただけをのぞいて。 僕が何を考えている…

11月11日の夢 夢を見た。僕をビートたけしが活火山の爆発により形成された火口に投げ込んだ。エメラルドグリーンの色をしていた火口湖。綺麗だったが、やはりどこか毒々しい気配を帯びて近寄りがたい。ふいに投げ込まれたゆえ、驚きはなかった。泡が海面へ上…

占いはやめよう。人を判断するのにキャリアじゃなくちゃだめなら占いを持ってくるのはおかしいことではないけれど。人の評判で性格を見極めようとするのがどうにも好かない。そもそも僕には僕を判断する人間がいないから。僕は僕を見極めようとする人間を心…

書けなくなった。おそらく。周囲を見ていないからだろう。都合の悪いことは、みないようにしてる。ネガティブになるからだ。都合が悪いと言っても、時間的制約を持たせれば都合が悪かろうが、時間から解放してしまえば都合の良し悪しは判断しかねる。人生万…

銀色のスキー場で雪の上を滑走したい。 うまくいっているときは大抵自分を振り返るような愚かな真似はしていなかった。 つまり、調子がいいのを待つのではなく。調子良く振る舞うことで、調子が良くなるのだ。 やる気がないと何もできないというのはつまり、…

コラム

意識を頭から遠ざける。手に集中させる。できるだけ何も考えないようにする。末梢神経が感覚に訴えかけてくる情報を掴む。できるだけ使い慣れたワードを多用しないように心がける。日本語の文章はできるだけ短いほうがいい。それもおそらく日本語は長く聞い…

きみのね

世の中偏見に満ち溢れている。偏見とは秩序だ。夜中歩いている奴はろくなやつじゃない。これは偏見だろうか。福岡はファッショナブルな都市だ、特に天神は。これを否定した。博多美人はいるだろうが、服を着こなせているのかどうかそれは個人の好み色眼鏡で…

僕は一つの文体になっている。文体によって表され文体を解体することで私もまた解体される。私とは何かと問われたとき文体と答える。それはどこからか聞いた答えであるのならば。オリジナルでないと言われるのならばいったいマシな人選を送ることができるだ…

僕は読まれない記事を書き続ける

そうだね。君の言う通りに生きればよかったかもね。ただ、後悔はしちゃいないよ。強がりかもしれないね。そうだね、それも君の言う通りだ。ただ、強がれるうちに強がっていないとダメなんだ。僕は遅かったのかもしれない。僕はもうダメかもしれない。もう力…

衝動

衝動があるか。生きる。活きる。粋る

私は不幸である。

私は不幸である。私から逃れるだけの事物に遭遇していないからだ。心は奪われた方が気が楽である。自分を常に考えているのは辛いとしか言いようがない、恋心さえ自分を忘れるために手段でしかない。自分を忘れなくちゃ物事は進まないのだ。自分を考えるとき…

謗法に書き尽くして

そうしてどうなった。ぼくは感覚を失ってしまった。思考力さえままならない。そもそも力がない。力を使わずに直感をつかってる。思い浮かぶことは、抑圧されている。そうでもしなくちゃやっていけない。どんよりとした曇り空が僕の夢を覆っている。枕の上で…

world shoud be more wide. what you lost in your life. you are going to die. sooner or later we meet in the

i have emputy in my mind.

i don't need any explanation. i don't need any ego. idon't need words. i need blank.

pull you what you have. hey i shoot you! give me something! give me something! you have something! that make me money and good feelings. oh god! god! where you are. you are in my mind. it is difficult to say in japanese. the word for japan…