気の利いたことなんて言いたくない

 そんな凡庸なレトリックに騙される僕じゃない僕は平凡な文章をやっと書けるようになったのかもしれない。それははたして症候を楽しんだ結果来る飽きのきもちなのかどうかわからない。なんにもわからないからこまる。楽しいことなんてなんにもない。