読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい

 だいたい何かをやめる時に人は自分に対して何書こう批判的になってしまう。自分を思い出してしまう不幸に見舞われてここまで生きてきた事の重みをひしひしと感じ前へ進む事ができなくなってしまうように思われる。過去は私の将来を何ら保証するべきものではないところに私の自由はあるように思われる。それならば、過去はすでに未来を内包したものであるから、現在も未来も過去も現前する状況において人は安心して暮らす事ができるのかもしれない。あまりにも、未来のために過去を編纂する事のないようにしたいというのが私の欲求なのだ。利用できるものはすべて利用し尽くしたほうがいいという人もいるかもしれない、しかし、私にはそれはできないのだ。水は水なのだ。純粋なものを欲しているのかもしれない。胸は当然締め付けられる思いでいる。それでいて、長生きしようものならばこの世は地獄である。