その時僕は東京にいた

 その時僕は東京にいた

 あの子と歩いてるアスファルト

 

 その時僕は東京にいた

 いつかは乗るさ、手漕ぎボート

 

 その時僕は東京にいた

 空が真っ青に澄んで、心に湿気を含んだ涼しい風が吹いた

 

 その時僕は東京にいた

 灰色の曇り空と墓標のようなビル群を遠目に

 

 その時僕は東京にいた

 右も左ももうなくなっていた

 

 もう僕はどこにもいない