昨日。

 昨日、彼女の家に行った。タバコが吸いたいという。だから、走って買ってきた。そして、二人ですった。煙が彼女の口から出てきた。薄い煙。僕は思いっきりタバコを口に含め肺に入れずに吐き出してやった。「禁煙しろと言った君がね」「吸ってる姿が好きなの」数ヶ月止まらない咳。タバコの煙を少しだけ口に含んだ大きく息を吸って吐いた。白煙はない。それから、彼女と盛り上がる、布団の上。柔らかい薄桃色に変わっていた。せがまれてしばらくして果てる。ゴムがなくても気にならない。落ちていく。寝る前にもう一本。虚ろな目で。少しはにかみながら。彼女は裸で机の上のハイビスカスに煙を吹きかける。堕落だろうか。怒りと情熱が混淆した。世界よ、私たちを認めてくれ。