読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊び 

 くどい話を聞かされるほど私の神経は穏やかではない。神経の興奮が口角をつり上げたり眉間のシワを操ると考えると人間は神経の操り人形のよう。面白きことなきこの世の中におもしろきことをと面白くないことを言った人物の名称を答えよ。いじめもほどほどに、世界の笑い者、つまらぬことを言ったがために教科書に載せられ子供の笑いの種。笑止千万なる世の中、という人物の孤独な一人笑いに閉口する相対的に一流な真面目人。いかなるとこへ行ってもそこを楽園と思わばそれを才能と銘打ち拍手して自らの菲才をひけらかし金にするものたち。我はどこへ行くのかと心配してくれる人もなきこの世に、我を心配してくれる人を望む心の卑しさ。その老獪な心のかたくなに、自らが親となれば立派な親のお面をかぶり、子のためと言っては殴る蹴るの暴行に、挙げ句の果てには責任放棄の自由を与えられ親に騙される子供たち。世界といったところで私は世界を知悉しない。世界という語が私に何を意味するのか記述する必要もなかろう。私の世界は記述できぬ。世界は私と共に滅ぶだろうか。水平線に沈む夕日を見ること少なく、感情の起伏は若さから引き剥がされ早熟へと駆り立てるのか。何故無鉄砲さを若いというのか知らず。若いとか年老いているとかの表面に現れる性質を見出される。それを真に受ける私はいかにも言葉を疑いもせずに受け取って解毒剤を必要とする。

 わたしのないめんをとろするにもあとからあとからいいたりないところがばかりがめだってきてわたしのないめんはまったくながれることなくわたしのなかにたいりゅうしてわたしはいったいどうしてそうおもうにいたったのかをかんがえようとするのもよしてはやくこのふかいなげんじつからのがれたいとおもっていてもあきらめはんぶんのきばらしにこうしてぶんしょうをかいてなにかしゅげいのようなかんかくにぼっとうすればよのうさばらしにもなろうとおもいとじこもればますますいんえいふかくわたしのないめんはそとをもとめてあおぞらにこがれことばをひつようとす。