車が飛ぶか?

 車が飛んだ。対向車線に走るバスに突っ込む。飛んだ車に乗っていた男性は死亡。嫌な事故だね。居眠りでもしたかな。62歳なら、年の功の居眠り運転、中央分離帯に備えられたちょっとした勾配の斜面をなぞって向こう側に行っちゃった。医者だったらしいが、せめて人を殺さなかったのが不幸中の幸いとまでは言わないけれども、事故で人が死ぬのは悲しい。追悼などしないのがテレビで、事件がどのような経緯で起こったのかさえ追及もせず、だらだらと映像を垂れ流しして視聴者を白痴にする。テレビは嫌いだ。非常に危険だ。テレビのニュースに一喜一憂し始めたら、まず、おかしいところの入り口だ。買ってもいない株の値下がりにショックを受け、世界経済の行方を心配する。ああ、おかしいったりゃありゃしない。言うだろう、株が下がれば、金持ちは消費をしなくなる。売り上げが落ちるじゃないか。話のネタにもなるじゃないか。役に立つ、そうかそうか役に立てば汚い泥水でも飲みますか。私は飲みません。就活中の若者。嘘のつきまくりに疲れて疲労困憊。人事に切れても良さそうなところ。それをしないのが社会だと、バカな大人たちはバカでいられる社会を全員で作り上げようと必死。学ぶのが金につながり、その金で何を買う?美味しい料理、妻の満足、どれもこれも自分でできないか。うっぷん溜まって物を買い、うっぷん溜まって土地を買い、家族の平和を買い、家族は平和のもと知らない男と通じ合う。ああ、世の中嫌になるなんて嘘ばっかしついて、自分も片棒担いでお神輿騒ぎの常連なのに。さてさて、つまらない話はよしましょう。梅雨入りしても雨降らず。曇りの天気に心は穏やかさを取り戻し、濃い夏の色を煙たがる。北九州の灰色。なんて素晴らしい!思っちゃいないけれども、口に出たんならそれが本心?知らないね。論理的じゃないから、話を聞かない。イエスキリストは神じゃないというのなら、話を聞かない。みんな都合よく嘘を聞いて本当のことなどどうでもよさげ、私は?心を捨ててもはや何もなし。感謝もなければ、あるのは内的動機。その弱さも知っている。外から来る動機は強い。が、束縛感がある。不自由だ。結局様式にはまる。自分を貶める。さて、車が飛んだ。どこに飛ぶ。バスの上を走ればよかった。作家がテレビで言っていた。それくらい自由に物が言えたらいいのに。今は老害の時代。じいさんばあさんに感謝しながら話を聞き流そう。戦争話は聞いてやろう。それ以外の説教は聞かないよ。その説教で億一千万の金が発生しても、かっさらって逃げていく。