言葉の海に飲まれて今日も私は神経痛

 神経痛ではありませんが、顔面麻痺でもございません。一度なったことがあるような。やばいよね。夢だったっけ。生きるとは神経との戦いですね。分厚い保護ケーブルを用意しましょう。調子が悪い時は皆が自分を責めているような気になりますね。だから外にも出たくないのです。外に出る気力なんてわきません。次第にこう考えます。やる気なんて存在しないのではなかろうかと。そう考えました。やる気は、後発的なものです。もし何かをやりたくない拒否反応があるのなら、それもやる気の一種でありましょう。多くの人はやる気があれば何でもできると思っておりますが決して違います。やる気は、本当に後から来るものなのです。嫌な人がいるから、行きたくない。もし嫌な人がいなくなったとしても、次なる障壁を作るでしょう。それはない、とあなたは言いますか?私は説得するつもりも持論に固執する気もございません。ただ、意識の流れを追っていきたいのです。そこに自然があるのでしょう。もし怠け者がいたら、考えてください。自分も怠けていいのだと。無理でしょう。怠け者は憎たらしいでしょう。だらしないでしょう。反面教師というかもしれない。それはそれでよろしい、立派な教師になりなさい。立派な教師ほど世の中に害悪を撒き散らす者もおりません。子供が卒業しても影で影響を与え続けるような教師は、いい教師ではありません、あなたにいい格好だけをその時期にピンポイントで見せつけることに成功した、ナルシストです。できるだけ、避けましょう。私は生きている人間に尊敬の眼差しを強く持つことはありません。調子がいい時と悪い時があるだけです。感謝は大事です。しかしそれはもちろん、自分のためです。この流れはよくないな、説教になっている。静けさほどいいものはない。相手の心中推しはかり、親しいものとは空気が流れる。若い人は常にフラストレーションのはけ口を、つまり、酒がないと狂えないので、酒に溺れますでしょうけれども、私なんかはもう、酒を飲む時は自分を奮い立たせて何かを憑依させるときに決まっています。次の日は必ず疲れます。酒を飲んだ次の日に、強い目的意識を伴う活動がない限り、しかもそれが身近でない限り、私は何もできません。私は彼女に感謝しなくちゃならないのです。私は要求ばかりするようになっていたのかもしれません。いまでも、もしかしたらそうかもしれません。言葉にも癖がありまして、例えば、グーグルで検索するとき頻繁に「f1」と入力して検索してしまいます。すると、今年に限れば日本語の文章でホンダの不調がニュース記事として現れます。ホンダは本当に苦戦していますね。顔が見えないから、応援する気も起きないけれども。アロンソを持ってきたのが間違いだね。アロンソのご機嫌とりに、インディーにやったり、アロンソは私の好きなドライバーだけど、早くないマシンに乗ってるアロンソなんて私は好きじゃない。アロンソ好きと言えば、自我が安定する。「f1」と入力すれば自我が安定して、気楽に過ごせるけれども、私はそんなつまらない男だったのかと絶望する。絶望して指も止まらぬ速さで彼女の淫部を濡らす。ぬるっとした感触が陰茎を伝わる。腰を押し付けしばらく感触を嗜んでいると白い液が付いてくる。精子よりかは濃い。つまりは、私は変態。しかも陰湿な。ああ、死にたい。