学問について

 学問って入力したら、学問に王道なしって候補に出てきやがったよ。馬鹿野郎。学問なんて重宝するもんじゃないよ。もうやりたくないよ。だって、疲れるんだもん。疲れるのは嫌だよ。死んじゃうよ。死んじゃったことないからわからないけどね。あと、人生について考えるのも相当に面倒くさいね。だって、人生ってこれだって言えないもん。それに比べて、刑事なんかいいよね。犯人はこいつだ!って、そいつがやっちゃいましたって認めれば刑事も気が済む。検察も、妄想でも証拠でもとにかくお前は犯人だと証明したりでっちあげたりその気にさせてやれば言い訳だからいいけど、人生ってのはこれだって言ってもね、自分の心が痛むんだ。いや、ひょっとしたら違うんじゃないかって思ったりね。だから、そうだね、女の子に見栄を張らないことだね。仏の笑顔だよ。どんなにか、いや顔も見せちゃったけど、それでも仏の笑顔だよ。それが嫌われちゃったら、しょうがない。自分を責めちゃいそうだけどね。あーあ、だから、完璧を求めちゃうんだ。相手に甘えたくないから。そうだね、俺なんかもういいんだよ。好きにしてれば。でも、学問は一生懸命やる価値があるね。だって、楽しいもん。マスメディアの、あの、何とも言えない空気感はきついね。窓開けたくなるよ。どこの誰だかウィキペディアで調べないとわからないような奴らが、お茶の間の見ず知らずのおっさんやらおばさんに意見してるんだから笑えるよな。それを、真に受けてるおっさんおばさんはまだいいよ。真剣に意見してるコメンテーターってのは、頭おかしいよね。自分が変われって話だよ。わかるよ。視聴者の声を反映って何だよ。視聴者の声なんて、視聴者よお前らが勝手に出しときゃいいじゃないか。何をテレビを使って、放送を使ってお前らの声を流さなくちゃならないんだ。不愉快極まりない。それで世論ができちゃったりね。東京誘致なんて、嘘並べ立てて笑ってりゃきたんだ。建設業界は万々歳だね。ちっさい島に、たくさん建物立ててさ。テレビのネタにするのに、笑うの人もプロがいてさ、自分が好きなように笑うこともできないんだぜ!?こんなのってあるかよ。大学生によくいるじゃねーか、っぽいやつ。っぽい話をするやつ。あれが嫌いなんだな。本人たちが悦に浸ってる感じがもっと嫌なんだな。あーあ、大学なんて行きたくねーよ。だから俺は一人ノートを一生懸命取ってるんだ。文字ってのは、静かで、おしとやかで、とてもいいやつだよ。文字が好きなんだな。あと、タブー破りも好きだね。暗くてじめじめした部屋に空気を入れるようなもんじゃないか。誰かが開けてくれるってみんな思って正座してお経聞いてる時に、ドアをぱって開ける。いいじゃない。松居一代さんはやっぱり本物のお掃除おばさんだね。マスコミにいろいろ言われてるけどさ、例えば、夫婦仲のことを表に出すなってな、何を言ってやがるんだい。ネタにしてきたのは、マスコミたちじゃないか。コメンテーターもさ、テレビ局に嫌われたくねーから思ってもいねーことをぺちゃくちゃしゃべりやがって。ほんっと、人の話しかできない奴らの集まりなんだからしょうがない。タバコ数百本吸ってる坂本忍が、松居一代船越英一郎の一連の出来事をどう受け止めたらいいかなんて、知ったことかよ。本当に凄い奴らはね、まず、テレビに毎日出ているような奴らじゃないぜ!三島由紀は死んじまったから、テレビには一切出ないけど、坂本忍より断然凄いし断然男だし、もう、テレビに出てスーツ着てにやにや喋ってる奴らを見ると、嫌になるね。女の気持ちはわかりました何て顔した、NHKの夜のおっさんも嫌いだけどさ。あー、俺っておっさんが嫌いなんだよね。だって、嘘つきだし、身勝手だし、おっさんに欲情しねーもん。こいつらに何言われても反感した持たねーしな。だから、説教なんて大人がするもんじゃねーな。この間も、先輩とやらが後輩と見える輩に廊下で軽く説教してたけど、あんなの馬鹿のすることだね。先輩もバカだが、後輩もバカだ。バカがバカに説教して、滑稽に見えたね。ひどく滑稽に見えたね。第一かっこよくないんだもんな。それじゃ、ダメだよ。カッコよくなくっちゃね。説得力ないよ。顔なんて次の次の次。意気、寛容、諦観、洒脱。この四つで、だいたい楽しく暮らせるんじゃないかな。人は本当に苦労したがるからさ。苦労ってのは一銭にもならない。苦労で金を稼いで生きてて、人生苦しいに決まってる。生き方が下手くそなのか、それとも、そういう生き方しかできない境遇なのか。それをいっちゃーおしまいよ。境遇つっても、笑顔のやつもいるじゃない。難しいところだけどね。置かれた場所で咲きなさいと。まあ、置かれた場所が日陰なら花も咲きませんわな。どれどれ、お茶でも飲みますか。本を読まなくちゃならない。一体何冊だ。コンタクトレンズもらうよ。ごめんねいつも。今週はどうにかしとくから。愛してる。