アウトプット

丁寧に書く。

クソな世の中

 クソみたいな世の中になっちまったな。なんだいあの、国会の答弁は。謝ってりゃすむんなら、楽だわな。それが通ると思ってるのが、甘えなんだ。ったく、浅草のアホな外国人を釣ってる人力車みたいなもんだ。気持ち悪い笑顔で3千円でいいよと言ってきやがある。外国語ができりゃ儲かるのにと言ってやがる。こんちくしょう。隅田川に沈んで魚に食われてろ。東京オリンピックが終わった後に、ちっとも経済的なケチな目標を立てられなくなったニッポンですからね、どうにかオリンピックまでに新たなケチくさい目標を作って金儲けのパチンコを始めようじゃないか、近頃は野球さえ金金金、くじで勝敗が決まるんだ。野球選手はパチンコ台に出てくるくさい映像か?スマホの野球課金ゲームみたいだな。なんでも金金である。もう金なんてちっともありがたくないんだ。Bitcoinですったもんだ。コインチェックの泥棒は正義だね。金儲けしか能がない日本人が金で動く世界を作ればだ、人心は荒廃するわな。じじいが女の色気に近づくために、クソな服着て紳士気取り。勃たないちんこの代わりに、財布が膨らむ。きたねえ世の中になっちまったな。スマホ取り出せば、インスタの自慢大会。行きもしない南の島の写真見て、満足もしない。惰性だ。目の前の景色を殺してる。いわば、殺戮の世界に生きる。現実は、インスタを通して現実になる。現実って言葉の響きが悪いね。今生きているのが辛いからだろう。ロボットが仕事をする。結構結構。仕事がなくなれば、病人もふえよう。くだらぬ思索が繁茂して、話も通じない。ツイッターでは、勘違いしたエセ知識人が、本を書く気力も迫力もないので短文のクソをちんたらトイレに駆け込むように下痢してる。フォロワーが増えれば、つくり笑いのロボット志願者、さっさと言えと言わんばかりの汚い発音したアナウンサーの読む原稿の文字数も増える。楽なことだね。定型文句。これを使っちゃ興ざめだ。くさい世の中の溝が頭を濡らす。それでも笑ってる、吉本の芸人。頑固だね、頭が硬いね。生きづらい。それを、まっとうな人々への汚い品性のない罵りに変えて、生産性がない。生産品はいずれゴミになる。必ず。生産してゴミを出す。何が必要で何が不要か。現代人はゴミに埋もれて生きている。ゴミは人間の排泄物だ。人間は本音を禁止されている代わりに、ゴミを生産しそれを捨て去ることに健康を見出す。くさい感動物語の興ざめも、少しも頭の働かないバカがバカな放送作家がバカのためにバカなりの頭と少々の金をニンジンにして書き上げた家畜くさいドラマのおかげで、巷にはバカが増え仕事の能率が非常に良くなり不平不満まで言えるようになった。確実に社会は進化している!