アウトプット

丁寧に書く。

残念ながら僕は常識人だ

 君たちが思うほど、ぼくは非常識な人間じゃない。むしろ、常識的でありすぎたから、君たちの非常識を笑うんだ。僕は、いたって、常識的な人間だ。退屈なほどに。多くの人は、常識的であるとかないとか言ってその人の行動を判断する。価値基準として常識を採用するのは、弱者の最後の武器だ。強者は常に社会的な立場を持つ。自らを空っぽにすることで社会の壁の中に埋まっている。哀れなのは確かだ。しかし、金と名声という基準を持っている。役にも立たない、ただの、哀れな価値観に違いはない。死んだら忘れられるのがほとんどだ。にもかかわらず名声を得ようとする、貧乏人同士が金の多い少ないを比べて自分を安心させようと懸命に金を稼ぐ。社会は哀れだろうか。私には哀れに見える。貧乏人に暇なし。それは事実だ。学問は、何もしないのが専門だ。何かしようとすれば、なんでもすることはある。それをしないで生きられるのが素晴らしい。がんばって、ゴミ拾いをして儲けはコンビニ店員の時給よりも少ない。そこにやりがいがあればいいという社会である。個人的だ。私は、かん集めなどしたくない。海外に出る勇気もなく、日本社会にしがみつく輩のなんと多いことか。人の不幸を自分の利益に換算する意地汚い女みたいな男が増えた昨今だ。相手を憐れむ心情をなくし、相手の事情を聞く度量をなくして、いったいどうして男たり得るのだ。金はあるだろう。女に物を買えるだろう。高級車も買える。広い家も買える。散らかり放題で、ろくに運転も上手にできず、君は女のATMになる。それでも構わない。俺は心の広い男だ、女の好き勝手させるのが、男として価値があるのだ。手を出したのは、女子高生か?人妻か?色気もなくて性欲だけがある。余裕がなくて、細かいルールばかりある。そんな人間は常識的である。自らも自負するほどだ。さて、君はどう思う。私は、こんな男は死に値すると思う。死んだほうがまだマシ。バカにもなれない、賢くもなれない、醜い男は死ぬしかない。そう、自分だけ得している気分の男は嫌いだ。男は傷ついて、死んでなんぼだ。それだけが、男を男にする。