どうでもいい

 あるべき姿はない。それだから、僕は今日も最高に楽しく生きているのかもしれない、今日は何もしたくないのだ。