オノマトペからの脱却

 ああ、絶望だ。ゲーテもよく感嘆詞を使う。僕は僕ということで僕をいたわっているつもりでもあるのだ。わたしはせんてんてきにきょうふしんがなくなってしまったt