自分の気持ちに素直になろう。

 素直になろう。自分の気持ちをここに書いてみよう。そうすれば活路が見出せるかもしれないと、おぼろげな私の無双がそう私に語りかけてくる。私は偉そうだ。実に偉そうである。そして、実に悲しい人間である。食べ物に関しても美味しいものは何一つ食べることができないでいる。貧しい食事だ貧しい。少しは休みたい。愛もまたそうだ。私とあなたの間で何か尋常ならないことがあったんだ。あなたの言いたいことはおそらく、私といると私への愛情も薄れた木になるが、私が近くにいないとどうしても私のことが気になってしょうがなくなる。ということだろう。