読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいあいあいいいいいいい

 別に楽してるわけじゃないけれど、嫌われているのかなと思わないでもないのだ。そうかもしれない、確信がある。もし私が人の気持ちわかってしまう感受性があるのならば、また、その気持ちを変えられない心として遠ざけているとしたら、いたしかたのないことなのだろう。じっさいのところ、私はこの世的なものを愛するだけの力も無くなっているのかもしれない。ないのだから、なにも私の心の中に宿ってこないのだろうと考える事ができる。さあ、どうすればいいのだろう。なぜこうも苦しいのか私にはわからない。どうでもいいっちゃどうでもいいのだ。べつになにをしようってんじゃない。ただ、内臓の底から疲れ果てた。くたくただもうやってられない。