淡々と

洒脱に生きれに何もかも楽しいものです。真面目に肩のはまった考えをしている今の僕は疲れ果てています。自由を見ました。あのとき僕は輝いていたように思えます。確信があります。しかし、断定はしません。いいえ、どうだっていいことです。もっと力を抜いて生きればもっと世界は軽くなります。時間だって緩やかにすぎていくのです。まず口は半開きにしましょう。目は何かアンニュイな雰囲気を流しましょう。がっついている顔はみていて疲れますからね。それに、言葉は細めに心で呟いていみましょう。大きく見せようとしてはダメです。男らしくいきようだなんて思わないほうがよほど男らしいのですから。そういった風潮には流されないようにしましょう。そして、楽しいときは静かに笑いましょう。大声で笑っても構いませんが。静かに走りましょう。バイクはうるさいですから。