読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかんじない!

それは何も感じないことの始まりだったのだ!

悲しさは当然の報いとして私に自覚された

私はそれを空気のように感じた

 

いつの日か会おう!

消して会いたくない!何を楽しみにこの国に来ているのか知らない

日本人のいない成田空港

私の存在の無根拠さを

私は私が感じるように私が感じてはいけないと

なにものかが、わたしに圧をかける

被害妄想?そういえば一応の名前はつく

常識?常識を逸脱した後の報いこそ!

ああ、世界がどうなろうとも私は一向にどうともならない。

家が壊されたら?壊れた家があるだけだ。

金がなくなれば?動けなくなるだけだ

食糧難は?有事は?疲れは?

生きるのは疲れる。死とは解放でもあろう。欲望を失った者にとっては

ああ、私の非力さを私は嘆きはしない。私の非力さをあざ笑う人たちの気持ちが気持ち悪いのだ。

要は、存在などしたくないのだ。

私に未来を描くペンさえもてやしない。その方がいっそ楽だ。

がんばれと、言うだろう。がんばれと。

私は存在の消去に勤しみたい。がんばりたい。

どうせ、後悔するんでしょ?後悔さえ、感じてみたい。

後悔が私を襲ってしに至らしめるのなら、私の現在は死ぬために用意されている。

死ぬために生きている。