読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は

世界は明るいところもあれば暗いところもある、涼しいところもあれば暑いところもある。

 

対話

 対話とは相手の話を聞くことであろうし相手が話すわけをも含めて相手への心理的解消をもたらす。相手の話を聞くのが対話であり、何を言うのかを楽しむのはおしゃべりであろう。対話とは名ばかりのおしゃべりが作り出した世界であるからこの世の中は決して深刻な問題などないのだ。おしゃべりの中に少し気の利いたのもあればそうでないのもあるだけの話だろう。それにしてもおしゃべりが過ぎてしまったようだ。私は別におしゃべりを楽しもうという気はないのだ。おしゃべりこそが社会であるように思われる。お笑いにしてもある一つの常識を基盤にしなければ面白くないのだから。人はおおかたにして苦労して痛めつけられなくては面白いという感情さえなくなってしまうのかもしれない。とすれば、あらゆる楽も苦の生んだものと言えようし、苦しみは楽しみが生んだのであろう。どちらが先に生まれたのかを論じたとして何になろうというのか、意識は断絶されるのだから、人が生まれ持っていい人間だと信じたいのはなぜだろうかと考えてみようともしない。それは考えちゃいけない種類のことなのだ。不自由がいっぱいこの世界にあるのは確かだけれどもそれを忘れちゃいけなのだろう。

 言葉を生業にしている人間は言葉で遊び始める。小林秀雄は開き直った。嘘をついて何が悪いと。否、違うかもしれない、私の中の小林秀雄がそう言ったのだ。それにしても、人物の研究などわけがわからない。会ったこともない人間について思いを巡らす必要があろうかというわけだ。それよりも今目の前の、否、この私の目が狂っていないのかという問いがあるだろう。今からは、人物よりもディスクールの研究に重きをおくのが正解であろう。人物を研究して何になるというけれども、それを欲している人もいるのだからなんとも言えない。

 私は知った風をしているが何も知らない。ある到着点においてスタンプを押さなくちゃならない世界においてスタンプなど押すのに楽しみを見出せない私であるだけである。それによる弊害など存在しないのもまた事実かもしれない。なぜならば、それに付随するあらゆる景品もゴミでしかなる。私には宝物持ちぐされなるものに溢れている。人にたくさん迷惑をかけて死んだ人間が後世に語り継がれ英雄にもなり、思い出の人となるのであるのならば、迷惑などかけっぱなしの人間ってのは一体迷惑が意味するところの社会的価値観なりを身を以て逆説的に体現しているわけであるから、貴重な存在なのであろう。

 

私への回帰

 偏見とは言葉に満ちている力の放出に違いない。ある言葉の持つ意味が力を失った時言葉は我々の気持ちを代弁などしていないのに気づく。気持ちなどそもそも言葉が作り出すとすれば、言葉に何を求めよう。何を。一体何を。何も必要ないではないか。一人での対話など意味があろうか。意味があろうともそれには他者が必ず関与せねばならない。私的言語を公的に認めさせる試みの全てを私は拒否する。ある言葉を言えることである種の地位を確保できるのわかる。しかし本心ではない。本心は揺れ動くものだからだ。嘘ばかり吐き続けると言っても過言ではない。もしくは本人の歩みは別に作り出し本心はそこにはけ口を求めると言ってもいいだろう。世界と対話する気など毛頭ないのだ。世界が何を言おうと私は世界の中において存在を見出そうとも思わない。いわば幽霊で痛いのかもしれない。物質に左右されずに精神の自由な活動が行われれば結構である。私たちは一つの型にはまるように強制される。そうでなければならない理由は金銭である。キャラクターとは型の制度への皮肉。言葉は本心を離れ、力を失い、嘘をつき続ける。嘘つきは嘘つきに騙され嘘を守るであろう。私はどこにいるのか。私とは客観性を失った偏見と狂気と自由を失った主体であろう。自由であるほどに私は何者でもなくなるのだから。個体として、苛立ちも空腹も地位も名誉もなくなれば、それに越したことはない。しかし、他者がいる。相変わらずそれらを相手に本気なれる。否、同じことばかり繰り返す暇人。農作業従事者。彼らには文字など不要だったのだ。教えなど説教など何も必要としていないのだ。ただ、付き合っているだけにすぎなかった。文字に囚われた私は彼らからしてみればバカである。否、私は自らバカだと思う。その良し悪しはバカのもたらす効用にて自ら判断するように思われる。限界まで進んだ時に、私が死にたいと思った時に、最高に人間は生きているのだ。そして人間は生きてしまえば直ぐに死にたくなるものだ。生きようとも死のうともせずに、一切が過ぎていき世界は虚無に満ちた時に意味をなすのは暴力であろう。

想像力の欠如

 いつもよりだらけて書くね。どれくらいだらけるかってもう、よだれ垂らしながら何も考えないで書いているって感じ。テレビの悪口から始めたいんだけど、思いつかないんだよな。そりゃあるよ、でも、思いつかないんだよな。どういう悪いところがあってなんて箇条書きにしてもつまらないし。つまらないのは、俺ね。書いている本人がつまらないのなら書かなければいいんだから。楽しいだとかつまらないだとかの論考・・・論考ってほどじゃないけどそこまで考えていない・・・考えていないわけじゃないけれど、書いたとして読んでくれる人間がいるかどうか、他者への面あてが問題なんだな。体裁なんて言葉いらずのコミュニケーション。もし武士なら私はとっくに死んでるか、酔いつぶれて川に溺れ死んでる。そうそう死ぬ死ぬ言わなくてもいいじゃないと君は言うかもしれない・・・君って誰・・・しかし、書かなくちゃ僕は自分の脳みそを働かせるために書いているのだ。ある一つの魂を考える。テレビがなんてつまらないんだと思わないわけないはいかない。一気に書いていこうと思う。偏見だと言っても始まらない。君の意見だって偏見にすぎない。僕の彼女は偏見を嫌う。しかし、偏見そのものに寛容になることだってできる。偏見ってのはある病人を、精神が不安定な人間・・・例えば、もんもんと悩んで自分に自信がなく他人といつも比べて将来を不安に思ったり・・・それは俺のことかもしれないのだが・・・そう言った、不安定で何も考えられなくなってしまった人間に一つの作業を与える。性格的作業を与えることで精神は社会的文脈の中で機能し本人は本人の思考から離れることができる。彼女自身偏見の塊であるのは変わりない。あと、彼女は思っていないことでも相手に合わせるのが優しさってもんだと僕に教えてくれたが、確かに彼女は自分に確信がないから人が合わせてあげなくちゃ自身もなくなって何もできない状態になってしまう。だから、これは私への処方箋と言おうか、どこか怪奇じみてる。読書習慣が廃れて僕は文字への感度が明らかに鈍くなった。文字を見ても何ら頭が働かない。告白すれば、人に何を言われてもしょうがない状態である今、私は文字そのものすら投げ捨て社会の文脈から離れていきようという試みをしているのだろう。それは社会の文脈にいる人物たちからすれば逃避であり、一方では冒険でもあるのだ。私は冒険をしているのだ。あらゆる人間はあらゆる角度から見られなくちゃならないのに、テレビに出ている人間を見るときに私たちに与えられる情報はわずかで彼らが画面の外で何をやらかしているのか知らない。まして、目の前の人のことなど素人もしないで画面の奥の人物に恋をしたりしている。今から芸能人は消えて無くなるだろう。歌だって何がうまくて下手なのかわからなくなってきている。下手くそな歌が視聴率が取れるためにテレビに引っ張りだこなのだから。本人もつらかろう。下手さ加減を知っているのに、歌わされるのだから。そりゃ、ひねくれておまけの芸能人とのセックスくらいは決めてそそくさとタイミングを見計らって出て行ってしまおうって算段になるのも頷ける。真面目な話はクソだ。何が良くて何が悪くて。好き嫌いしかないのだ。すると子どもだとか言いやがる。お前らは俺が子どもになれば相対的に大人になるとでも思ってるのか。否、言葉の力。彼らはおもっちゃいないんだ、思っちゃいないことを平気で口にする輩なのだ。大人ってのはそういうもんだと、子どもの側からの反論。否、彼らには論などないあるのは暴力だけだってことに今更気づいたのか。大人たちも大いなる暴力に日々さらされているのかもしれない。その時、どう対処するのか。彼らが暴力的発言をするのはその社会というより彼らに何かしら影響を与えた大人たちの暴力によるところが大きいのであろう。悲しいかな、子どもの頃に親から暴力を受けた子どもが親になり子どもに暴力をする。順風満帆に生きるからそうなっちゃう。どこかで自分の過去が薄くなり消えそうにならなくちゃならない。しかし、それじゃ金にならない。キャリアだとか、誰だってやればできたが退屈だったからやらなかったことをいつまでもやっとけばそれを評価してくれる。キャリアなんてのはまったくもって、封建的だとここで言っておこう。今更、封建何て言葉で社会を論じるのは時代遅れだって思っちゃうのは多分私が封建なる言葉についてあまり知らないからであろう。知りもせず考えあぐね悩んだ覚えもない言葉がピョンと出てきて文章をまとめてくれたのだから感謝しなくちゃならない。そういえば私は感謝をしていない。なぜだろう。私も感謝されるようなことを強制されるような気がするからだ。感謝なんてしなくても人間はどこかで感謝しているんだからそれ以上に母の日だとかやらなくてもいいんだ。虫酸までは走らないまでも、どことなく歯がゆくなるようなお手紙なんてのも考えようによっては、嬉しいかもしれないが、その嬉しさがのちに裏切られ子どもが非行に走るとなったときに、いつまでも可愛い頃が思い出されて、その子はますます親から逃げるように非行に走って行きはしないだろうか。

 

芸能人に何か芸をしてみせりゃいい

何が面白いと言ってやりゃいい

ファンはそりゃありがたいよな

 

コメンテーターに金を渡さなけりゃいい

もっと楽しい話をしてくれる

金なんざもらって楽しい話なんて期待する

バカが多すぎるこの国で

テレビはテレビの出現した老人とともに

廃れていくだろう

 

ネットの時代か?

ネットの話題はテレビの話題

それ以外もあるよね

ネットでテレビの話題からいかに遠ざかるか

芸能ニュースからいかに遠ざかるか

私はiphoneを捨てようかしら

誰かに拾って内容見てアプリ全部消される

写真だって消されちゃう

大事な写真だって他人にとっちゃ・・・

 

テレビは見ない。テレビの意見は誰の意見なんだ。もううんざりだ。

テレビなんてもう、本当にうんざりだ。

歌が好きなら、歌えばいい。

音楽が好きなら作曲すればいい。

何を金払って、他人が音楽するのを耳できいて楽しいだろう。

楽しいのは騒いでいる時だけ。

この瞬間

 いつま真面目な文章をお書きになって、とでも教養のあるお方であると存じておりますが一向にお金に結びつきませんので少し参っているところであります。金嫌いの成功がありましてカネのために言葉を変えるのに全くもって賛成できないところがあるのでございます。それにしても私は文章を書く資格さえないのだから、資格がないところがいいところなのであって嘘八百述べても何も責任を負わされることもないのでしょうから実に気軽な商売だとタカをくくっていましたところ文章への情熱が失われていくどころか同じことばかり書いてしまい文章がまったくうまくいかない時代に陥ってしまったのでございます。他所から見れば私の内面的葛藤など興味の対象でないのは十分に承知しておりますけれどもどうしてもそこから離れられないところがあるのでございます。人は見た目によって判断されますけれどもそれが何になりましょう。判断の優劣は競えません。私には今至極簡単なことしか言えないのでございます。人を動かす前に自分が動けと。それしか私は考えちゃいないのです。

読書について

 CMにて漫画を読み散らかす女に本を渡し、本を読む人間がそんなに偉いのかと女が開き直って無料漫画をアプリで読み漁るシーンがある。女の奇妙ですれきった笑い声。本は漫画よりも楽しい。私たちは言葉に生きている。相手に何かを伝えるとき、いちいち絵を描いていられない。話を聞くときに紙芝居などやってられない。漫画は人の顔も何もかも伝えきれない。その場で読み切って終わってしまう。それで満足。決して自分が変わることはない。世界を変える力などを得ようとも思わないのだろう。漫画を読むことで解消される世の不満は一時的なものであるように思われる。今の世に不満なのかと問われれば、そうであると答える。もしかしたら私が悪いのだろうと思わないでもないのだけれども。万人にすみよいまちなどないようにね。さて、どうしたものかね。こまったこまったとなげいているだけで日が暮れてiphoneの予測変換はおかしくなるし。もうやってられないなんて愚痴をこぼしながらも指は軽快に動いてつらつらと役にも立たない言葉を書き連ねている。さてどうしたものかの、堂々巡りにも疲れから私は電車の音を聞いても感慨深さもなく。渡りに船で。何処へやら。自由について語るには、自由という言葉が必要であるように、何者かであるには何者かが必要なのだ。私は何者でもないので何も言えない。主張して賛同を得て小さな拍手をもらっても私の中の貪欲な私はそんな拍手じゃ満足できず大きな不満声のブーイングのほうをほしがる。ああ、日が暮れていく。何もかけちゃいないからやになる。嫌になればこの世とおさらば。覚悟はあります?良い人も悪い人も天国へ行きましょ。悪いことをすればばちが当たるなんて了見の狭いこと言って世の中嫌になっていいかとは何か探し求める姿に私は何も言葉を見出せない。相変わらず世の中は、決まり切った習慣をただただ行ったり来たりして移ろい揺蕩っている。そんな気もするのも、私だけでしょうかね。共感するために私は私を投げ出さない。嘘で私を隠し通す。私は奥に隠れて決して出てこない。出せば私は今ここにいないだろう。

 

 

 無。あるものか。私の心さえもとあがいてみたところでなんになる。こうしてもがき苦しんでいるのを文章しなくてはどうにもならないと書いてみたところでもガキなど一滴も通じやしないのだ。それで大分守られているのも確かなことかもしれない、相手への拒否反応警戒感嫌悪感を相手に示すことなくのうのうと生きていられるのも楽だ。相手を嫌うような気持ちを持ってはいけないというのは髪の教えであり命令口調が花につくかもしれないがこれは人間が自らを全て自らでコントロールできるわけではないといううぬぼれと、破滅の道をとかく歩みがちな人間が自らの性向を他の人間にも通じるであろうと信じても受けた神の話。神とは人の異名に他ならず。私はバイクで駆け抜けるように文章を打っている。もしも、もしも、映画が評判だけで賞が取れるとするのならば。どうだろう。映画の芸術性は暴力にしか宿っていないのではないだろうか。誰が映画館で痴話喧嘩なんて見たいと思うだろう。ララランドなんて、音楽とダンスは良かったがそれ以外のシーンなど特に新しいところもない。ただ、陽気な音楽が良かった。それだけだ。