こんこんと湧き出る水

 僕に文章がちっとも書けない理由を問うてくれるな。私は完全に自由を開け渡そうとしている。私は自由にうんざりしているのだ。ちっとも自由は私に快感を与えてはくれない。不快感の蓄積が私の脳髄に溜まって私の脳みそを溶かしついには自我を失って路上に朽ち果てる。私の居場所はどこにだって求めたくない。死への憧れは常に空想でしかない。現実は私の心の認識として確固たる地位を築き私を橋の欄干の上に追いやる。世界は私の認識で成立している。

 犯罪者を憎む理由は罪を犯したことではなく、罪を起こしたということに起因している。人のものを盗むのは人間の根源的な欲望であり、隠されている。欲望の露呈は奇妙な陰湿さを生み出す。泥棒は好きに生きればいい、金持ちは怯え泥棒はリスクに従って快感を得るのだから。金持ちと盗人は運命共同体である。

 我が国は、生活の根本を失い生活のために自らの身体を売り物にした芸能人が家庭の中に据え置かれた四角い墓標の中に踊っている。奇妙な世界は量産され認識の歪みを楽しむ。ねじくれた世界は清らかさを駆逐し、環境汚染は地球規模の視点から亡き者にされ、人心は利得で簡単に動き、礼儀は当然に失われて、ついには一億総勢陰湿になってしまった。私の結論はこうだ、アメリカの文化フランスの文化を追従しているうちに、自らの基盤を失った。今や、アニメがこの国の文化だ。それも、金の流れの中にある。金は金を生み出す。感性はちっとも触発されない。目の死んだ、唇の引き裂かれた金髪の女がスカート丈短く、覗き込むような上目遣いで男たちを魅了し、男たちは女を殺しアニメに逃げる。

 日本は、ついにはクラダヌ文化社会に依存する、経済体制の元、性を抽象化して全てに持ち込むフロイトを見事に模倣して、理論や体系の嘘を具現化した怪奇な伝統に没するに至ったのだ。

 この国で私は生きなくてはならぬ。嘘の涙を流して、生きるのだ。悲しみは、作り出され長引かされ戦後レジームは破壊の限りを尽くされ、既に戦争の機運は人々の中に高まっている。心は無に帰して、物事の秩序は打ち砕かれ、残骸になった条文は道路に散布され排煙ふかす泥まみれの錆びたトラックのタイヤに巻き上げられ後続の日産マーチに衝突するも無力に、橋の欄干から水に飛び降りる。

 陰湿さを嫌うこの国の人間は架空の世界に逃避し性格を作り上げ仮面を賛美する。ペルソナは、人間である。ペルソナは、犯罪者の仮面でもありうる。性悪説さえも、性善説への希求に他ならない。殺せば死刑。性善説である。共同体は常に嘘を吐き今日どうする。談合は日常茶飯事に隠蔽され、話を聞いた投資家は優越感に浸る。一体この国は世界標準の国に成り下がったのだ。国民が自己利益に走りながら国を保つには、相手を富ませることに自らの富を賭けるしかない。

 ついに私は、死んだのだというむなしい虚言も。うんざりだ

瓦礫の中に手が

 瓦礫の中から手が伸びていた。白くなった手は硬くなって水気を失いボロボロになって散り風に散った。空に浮かんだ気球線が、白い太陽を遮り空をまっすぐに進んで消えていった。シャボン玉が浮いて、空高く、青い空の上に向かって歩いていく。電車は轟音の中トンネルを抜けていく。トンネルを抜けると広い平野が広がり遠くには富士山が見える。

 

 

トランプさんはいい人

 テレビつけていたらね、トランプさんが握手していたの。あの、金正恩よ。どちらも口が悪くて、行儀は悪いけれども、どこかにているのねーって思っちゃった。これで、米朝関係が良くなるといいわね。北は、いろんな国に利用されているらしいからね。政治家なんて本当に必要なのかしら。自分で家に放火しといて、水持ってきて昇華させるようなことをするからね。だから、私トランプさんっていい人だと思うのね。もちろん、オバマもいい人。誰と比較してってことじゃないの。大統領なんだよ?それくらいの期待はさせてよね。

 相変わらず、コメンテーターはあーだこうだいっているけどね、それでご飯を食べるんだからおかしい。真面目に働いているって言えるのかしら。本当に真面目に働けば、誰もまともに生きていないわよ、この国でもね。

 もうアプリもめんどくさいわ。なんでも機械に任せるのはよくない。おもしろくない。感性が貧弱になる。確かに、繊細さを失って鈍感になった。行動的になった。でも、文字に対する反応速度が遅すぎるの。口喧嘩もできないわね。言いたいことも言えない世界を民衆が作り出してしまった。どうしよう。これからは、中世みたいな暗黒時代よ。宗教が科学技術に変わっただけじゃないの。暴くのは神の不在じゃなくて、不必要なプログラミングなの。あーあ、人は歴史を繰り返すのね。

女子から見た大学生

 ほんっと、つまんないことで笑えるのは仲間だからなんだよ。内輪ネタがすぎるんだよ。仲間じゃなければ、笑えないことが多い。ワンピースの弊害だな。やたら仲間を大事にする。うるせえよ、自由にさせてくれ。右向いたらあいつの顔、左向いたら犬の顔。どっちむいても同じ顔して、新しい友達を作ろうともしない。たぶん、わたしにいいよってくる男がいないからこう考えるのね。わたしは周りの人間の期待しているの、私が見えないの?私に話しかけなさいよってね。近頃のはダメね、勇気がないの。ちっとも、嫌な顔されたら嫌だとか、女はすぐにやらせてくれないからめんどくさいだとかね、そういうのがとても多い気がするの。本当に嫌になっちゃう、頬杖ついて甘い紅茶飲みたいわ。外は新緑でとても綺麗な白い服着た女の人が自転車こいで通り過ぎていくの。

 

 

自分は

 自分をさらけ出す欲望もあるわけではない、しかし、それをしなくちゃ鬱屈した気持ちから解放されない。そんな気がするのである。不満な女はその不満をいままで親にぶつけ諭されてきたのだろうが、それができなくなっていつまでも不満にそして、自分の体のみ弄ぶ権利を相手に与えることができると悟った瞬間に、男遊びに走るのだ。牢獄は自分自身であり、自分の考えそのものなのである。だから、人間は皆平等に苦しい存在なのである。それを認められないから、相手に対して羨望の眼差しを持ったりもする。しかし、それは救いでもある。自分も苦しみから解放されて華やかな人生を謳歌できるはずだ、努力すれば。となるのだ。そんなはずは一切ないのであるが。自分自身、気持ちがすっきりしないのだ。やるべき努力をしていないからだ。何かをしたいのではなく、何をするべきかで考えるといい。といっても、それは三島の言葉だ。三島の小説に出てくる言葉に過ぎないのだ。私は、世の中のテンプレートな文章が頭の中にしみこんで、もはや、アウトプットができない状態にある。世界は恍惚としていた。メディアから離れた時。世界は私に話しかけてきた、世界旅行記を映像でみる羽目にならなければ。世の人は疲れている。だから、何もしない。それは素晴らしい。ネットの情報は玉石混交だ。役に立つのか立たないのか。ごみ捨て場から廃材を持ってきて家を建てるのに、シロアリに食われた板を使いたくはない。未来小説の夢も、形式も、今は普通になった。真新しいことは、素人の手垢にまみれて近寄りがたくなった。どうしても、私は思わずにはいられない。人は、ネットで同じような情報を共有し、同じような結論に至る推論を重ねるように誘導され、また、書き手の人間も、読まれたいがゆえに周囲に同調して同じような記事を書き、以上のような記事が大量にネットに蔓延して、つまらなくなったと。ノイズが必要なのは、文体に関してである。人は、伝わりやすい文章と構想だけで満足する生き物では決してないのだ。今は、積極的な変人が求められている。こんな時に、変人になるのは、成績優秀な人間の方にはまった変人だ。だから、俺は自分の変人度合いを隠す。相手を立てる。それだけだ。人生みな疲れているニートから主婦会社員みんな疲れているのだ。それなのに、疲れていると言葉にする。これについて書くとなんとなく筆が進むので書くわけだ。決して自分が書きたいことではない。先ほど三島の言葉を例に出したが、何を書きたいのかでなく、何を書くべきなのかを考える必要があるのかもしれない。私は今ここに、どうしてもオンライン上不特定多数の人が私の記事をみるだろうということを観念の外に追いやることができない。だから、仮面をかぶる。少しは変わった記事を書いてやろう、わけのわからないことしか書けないから、どうせ変人扱いされるだろう。私のアウトプットは、私に対して新鮮味のあるものではない。他人に対して新鮮味のあるものだ。誰だって、人前で自分の性器を露出するのをためらわない人はいないだろう。私はただ、性器を露出しているのだ。相手からしてみれば、私のあそこは初めて見た代物だろうが、私は毎日見ているのだ。何も真新しいところはない。このように、私は決して自分のためにアウトプットしているわけではない。相手に対してカミングアウトしているに過ぎない。そして、カミングアウトは本当につまらない。だからやめた。

足つぼマッサージは役に立つ。

それにしても文字が打ちづらすぎる。俺がいけないんだ、俺が。この観念がどうしても止まらない。後悔あるのみ。土下座してすみませんと謝ろうと言う気力もない。ただ、漠然と、自分という人間を不埒に扱ってくれる人のところへ赴くばかりだ。熱湯風呂に入れたり、崖から突き落として見たり、怪訝な顔をして見せてくれる人のところへ赴くのだ。周囲の視線というのが伝わる。うなぎのようにヌルヌルしていて耐え難い。一体全体どうしてこうなってしまったのだろうと原因を探って見たところで出てくるのはガラクタで、さらら一つ一つを集めて適切に配置し組み立てるような果てしない作業をしているようだ。いろんな人間のいろんな人生をみたとて何になる。それがいいたいのだ。自分にとって最適な人生とは思う?そういう考えがないことが幸せなんだろうと思わないでもないないが、コンピュータに慣れきった私たちの思考の形態は、それに寄せてきているのでどうしても効率的なことを追求し、人類があっとそうであるように、全く不快な気持ちで負の感情を大量に生産しながら、効率的に生きているように仕向けられる。およそ、何かを得たいという気持ちほど煩わしいものはない!何かを得なくては、一人前の人間ではなく、何かを得ることで社会に参加できるような、そう言った思考は苦しい。消費社会のモデルが、一定の行事に沿って毎年遂行され、年末になると帰省ラッシュで混んでみたり、オリンピックがはじまるとテレビは運動ばかり流す。どうも世の中はだらけきっている。精神がだらけ、肉体は尚一層だらけきっている。だから、ダメなのだ。ダメなのだ。否定すべきは、私自身であると同時に私が居座る環境であろう。そして、私という存在自体を捨て去ってしまいたい。では、だれが考えるのか?自分なしに?という問いに対して、私自身がいなくなるというあり得ない想定の意味するところは一体どこにあるのだろうか?