読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吐き出し口を探してる

 人から影響を受けたいか?そうだね、人の欲望ってのは転移して、つまり君の欲望は君が生み出したのじゃなくて君じゃない誰かから君が勝手に受け継いだものなんだよ。だから、君の行きたいように生きるのが親の願いさという場合においても親の願い通りに生きることに他ならないのだから矛盾が発生するんだ。矛盾が発生してもそれをどうとらえるのか、たいした問題じゃないから好きなように人とセックスして倫理とやらに昔は抵触したであろう規範を、規制のゆるまった現代において破ったというちょっとした安全圏内の背徳感を味わいながら男女3人でプレイするのも悪くはないのかもしれないが、自らの過大評価と周囲の蔑視が彼らをさらに燃え上がらせるから黙っておこうという配慮は一向に感じない幼稚なお遊びだ。

 僕は自由を愛する。この言葉がいかに、陳腐に聞こえようとも私の中にあるのは自由である。さて、自由とは何かというとき言葉で定義できないから自由感と言っておこう。しかし、一般的に自由を定義する矛盾、自由は捉えどころがないわけであり言葉は自由の者と発せられているとすれば、先人の言葉さえもどこか自由の空気を感じないわけでもないけれど、判例なり、それこそ、先生の言葉さえも踏襲して人に説教しようなんてつまらないお節介を焼いて人に嫌われたり泣かせることのないように自らを戒めようと思う。

 私は自分で自分を戒めるに関して好きだが、他人から戒められるのは大嫌いだ。自分が完璧であるから発言権があると思っている連中でさえもそのうぬぼれが嫌いだ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。今日はいったいなんのお話をしましょうか。

 そう、教えることについて。人に教えるには、教えてもらったことしか教えられないという限界がある。従って、誰かに教えてもらったことをその人占有の知識だとは思わないことだ。議論の形式でしかそれは伝えられない。教えると言っても、大学では議論になるが、小学校では議論にならない。とにかく従えと要求される。それが保守的なじいさんばあさんの硬直した思考(何故ならば、彼らの硬直した思考も彼らの意志がもたらしたのではなく生物の自然な老い方として生まれてきたときに仕込まれているものだから。老人笑うな、お前もそうなる)・・・・。

 私は捌け口を求めている。一方で私の言葉を受け取ってくれる人がいないで欲しいと考えている。私は気分の共感などを期待しているときといないときがある。例えば嫌いな人とは何一つ共有したくないものである。話したくもない。あるのは、相手を打ち負かし文句を垂れる悪口があるのみだ。皆と仲良くできる女と違って、私は仲良くなどできないわけではないのだが、私は自分について語るだけの資格を持っているのか知らないが、とにかく自分というものの直感を忘れないでいたいのだ。そうでなくちゃ誰かの意見を聞かなくては何も言えない情けない大人になりはしないか。もちろん人に話すよりも人の話を聞く方が楽だしその方が話す人にとっても楽なのはわかるけれども。でも、思想や意見の違いを表明したところで生き方など何一つ変わりやしないのだから。ただ、変化ももたらさない愚痴に楽しく付き合うには相手の意見を聞きながら、心の中で相手をバカにしたり相手の論の弱いところを探すだけで十分なのだ。それを外に出して何に使うかは知らないけれども。それにしても、沈黙ほど自分を守る手段もないものだ。人話せば話すほどに自分を見失っていく。自分を発見していくと言ってもいい。そして、次第に傾向を帯びる。同じ文章ばかり増えていく。それが私だ。それが文体であろうか?言いたい放題言えるほど私の心は自由を感じていないとしたらいったい誰が私の言葉を抑制しているのであろうか。案外日常生活を退屈に暮らすために私は自分の口を塞いでいるのかもしれない。私はどうしもて生きるだけでもうけものだとは思えないのだ。人に話がよく変わるのでなんの話かと言われるけれども、そんなのはどうだってよくて、いつまでもいつまでも独り言をいって誰かに何かを聞いて欲しいだなんて思ったことはないのだ。

脱臼

 僕の意識は飛んで蝶になり荒野を急降下。散らばるアスファルトの破片に電波を乗せて電気を通そうと一生懸命になる。わけのわからない文章を作るなら私にまかせよと怪文書を書いてみれば集まるは訴訟の文面ばかりなり。荒野に集う精神障害者と呼ばれる普通の人間たちをひどい病気にかかって神経が断ち切られ医者の診断を大人感覚の拠り所にしている労働者たちは一流に決め込んだ服で人間を騙しあい見せかけの公衆トイレに落ちているようなエロ本にかかれた台本を舐めるように、今日も香水ふりかけて電車の広告を一瞥するなりポケットから取り出した小さな画面に目をやり考えることもせず死んでいる毎日に感謝している。赤い電車に飛び込み勝てば死ねるという元気さも、私には東京もニューヨークもタイさえも同室に見えてくるこの社会の危うい近接感を、ロマンチックのかけらもなくなり、すべてが現実に起こりうるようなと思えるほどの私の想像力のなさに感嘆しこの想像力の欠如こそ私に身体の安定性に寄与していると感じているのだが、新しい者を想像するには不安定な身が必要なのだと言わざるおえないくらい社会は新しい者への嫌悪感と不必要性を感じているに違いない確信を抱く、危ない精神状況を解決などする気もなく時は流れて、日々老いさらばえる私にできるのは心のゆとりをもって平常を死んでいくのみであるという観念にそういない。私という存在を深く掘り下げて身はしてもそれを外に出さなければ役立たず。役に立つには第三者が必要で私の嫌いな他者の侵入を殺さずに生かしておく手段を身につけようと必死になっている。私はどうしても私が愛おしくてたまらないのに他者は私を分離させる。

嘘だね

 嘘について、嘘を勧善懲悪ヒーローの悪者に据える製作者側の大衆への媚が鼻につく。

 

 テレビ・・・絶対正義実現の場であり批判を加えれば見なければいいと帰ってくる押し付けがましいノイズ。

 

 若者から老人・・・因果関係で世界を認識したつもりになることへの諦めのプロセス。

 

 セックス・・・コミュニケーションと着払いなのか先払いなのか着いてから楽しみにするドキドキの賭け事。

 

 インスタ・・・古典的自慢の方法を実践する保守的な傾向のある者たちが、科学の英知を鍬に変えて田んぼを耕す百姓根性をひけらかす場。

 

 冷酒・・・汗臭い男たちの内臓に清涼感を与える神聖な水。

 

 私・・・最大の難問であり一兆円のコンピューターさえ欺く安定した嘘つき。

 

 警察・・・真面目な警察官は、警察官からも嫌われる。

 

嫌われ者・・・美しい水

虚構

 人生は虚構である。人生は花火である。確信、真実、誠実さ。それらに実体はない。評判にも実体はない。しかし、人間を規定する。

 

 楽しいというから楽しいのだ。人の言葉をまともにとっちゃいけない。法律やる人間の揚げ足取りは人生を生きる上で苦痛を大いにもたらす。

 

 滝沢カレンの日本語は現代日本に素晴らしい功績を残し続けている現状を今の日本人はわかっていない。

 

 俺だけが滝沢カレンをわかっているのだといううぬぼれが、北朝鮮金正恩のうぬぼれと同じかどうか確かめようがないとすれば、確かめようのない事柄は想像で埋めていくしかない。日本語は壊れていくかもしれない。現代日本語は変わっていくだろう。一方で古典のリズムは残るであろう。現代日本語に古典のリズムに乗せて文章をかければ私の言いたいコトを文章に描き起こせた快感に酔いしれるだろう。

 現在の私の罪悪感に名前をつけるとすれば、私の親やの恨み、恋人への失望、社会への思いやりというコトになる。 

 自然な気持ちを私が取り戻せば誰かが横槍を入れてくるだろうと想像する私がもう嫌なのだ。非実体的な事柄に雲泥され我魂は鋼に叩きのめされ飛び散った肉片が道路に散らばる。それを食いに来る野良犬は臭い息を吐きながら私の肉を食べていく。

 まとめ、私は病気ではない。ちょうどいいところを探そう。そこに私がいる。そこに私がいる。声は小さくて良い、驚いても驚いた声は出さないようにしよう、私はすぐに反応する落ち着くのない人が嫌いだ。彼らは周囲の目に幽閉されもがき苦しんでいる。心に余裕もなく。毎日が周囲との比較で神経は磨耗し、とてもじゃないが付き合いきれぬと神経の高ぶりに冷たく人にあしらわれる。

 

 最後に、現代日本語を自由に駆使できる存在とは誰。

他者の気持ちと私の気持ち

自己主張と考えるとき、それは自分の意見であるというとき、まだ少し君はまともなところにいるように思われる。自分の意見が正しいというとき、それを信じて疑わないときに君は余裕のなさを露呈している、なんでもいいというとき、君は判断不能とほうきをしている。寛容であること、それは意見を持ちつつも相手の意見に耳を傾けわかろうとする姿勢であろう。何も意見がないのに、他者の気持ちを汲んで実現してやろうという魂胆は寛容の精神ではなく自己の決断なり意見のなさを他人に任せているという証拠に他ならない。私は思うのだが、インターネットの記事はどれも最悪だ。記憶に残らないからだ。コンテンツとして、まるで、すぐに消費されてしまう。否、消費すらされない。薄っぺらな中身が漂っている。現実の世界で話し相手のいない人にとってはネットは仮装である西も人の意見を反映している。今私のようなコトを言うのはおかしいのかもしれない。しかし、ネットが普及したコトですぐに調べるコトができ記憶力は格段に落ちてしまっているのもまた事実であろう。私がどうすれば楽しく元気に毎日を過ごせるかと考えるときに私はインターネットを今すぐ辞めるという結論に至った。私は今すぐにインターネットを辞めるべきなのだ。本を読むべきなのだ。私はかつて本が好きだった。本を読めばネットよりはるかに情報量は少なくても、質は格段にいいものが手に入ったし、提供されない情報を推量するコトができるのも読書のおかげである。レストランでレシピをもらって作り方の工程まで書かれていなくても想像できる、それが楽しさではなかろうか。インターネットではレシピまで書かれているけれども、話のネタにはなるかもしれないが、それを覚えるわけでもなく、ただ、私は反応ばかりがあるのだ。私はあまり反応しない人の方が好きだし、自分自身そうだと思う。よくすぐに共感する人を見ると別にそれすらどうでもいいのだ。楽しいときに笑い、そうでないときは不満顔、それが一番人間らしく、人間らしいということは健康的であるというコトだ。無理して笑えばその場は良くても気が狂うだろうし、それを長く続ければ疲れ果て永遠に面白くなくても笑うという芸に執着して結局は不安に陥り何が本当で何が嘘なのだとかつまらない疑念に陥るコトになるのだ。自分で自分を欺くコトなかれ。欺いているのだとわかってやっているのだとすれば・・・たいていの人はそうだろう。美味しくなくても、美味しいというだろうし。しかし、そのとき本当に美味しくなかったものが美味しくなるのだから不思議であろう。そうか、人間は騙されやすいのだ。その方が幸せなのだと考える。家は貧乏だけど、家族の笑顔がある。家族はいないが、金はある!どちらにせよ、比べるコトを私は許容しない。うどんと、そばどちらが美味しいのかいってみたもはじまらない。比べるとはいったいどういった事態か。現象があらわれて、それを比べてどうなる。目の前にうりふたつの双子がいて同時に喋り同時に動く。そのときその二人を比べてみても何も違いがない、とすれば、どちらとセックスをしても変わらないというのか。リアクションとはもしかすれば、差異を生み出すための行為なのだろう。私を忘れないでと、アピールであろう。ノリであろう。ああ、そうこう考えているうちに私はどうも頭がおかしくなってきたようだ。

死なない方法を見つけよう

 僕が元気になるためには。そう僕は元気がないのだ。死ぬ元気さえ私は欲している状況の中どう生きろというのだ。僕は悪い子だと叱ってくれる人がいてくれたら嬉しいだろうけれども。僕はどうしてもこうやって生きているときに僕の傍にいる彼女がいてどうしてもその彼女をたまにいじめたくなっちゃうんだ。どうしてだろうと考えてみてもセックスするときになぜと考えないように向かう方向に行っちゃうんだからしょうがないと諦めてみてもそうやってたくさん諦めた数だけ新しい経験とやらが増えていき、収拾がつかなくなった僕は自分をいじめつける対象に憧れてついていく犬のような動物に成り下がったと言っても過言じゃなかろう。意味不明の多弁を弄して喋っている私ですがどうせ喋るのならカネにならないと納得がいかないと偉そうに息巻いておりますところに実況中継という面白い遊びを見つけたのでございます。

監獄上野動物園

 上野動物園に住まう馬さんたちは野原を走ることもできなければ、雨の日はぬかるんだ泥の上に座らなくちゃならない。馬なんてそこらへんにいるじゃないか。都井岬にでも行けばいい。子供達の、否、人間たちのちょっとした話のネタになるために馬は死んだ目をしている。草もないところで生きている馬たち。かわいそうに。何が動物愛護団体だ。猫の去勢ばかり気にしやがって。猫は好きなところを歩いて行けるよ。しかし馬は無理だよ。上野動物園で一番虐げられているのは馬かもね。これさえ人間目線だけれども。何が動物愛護団体だよ、猫だってセックスしたくてやってんだから。捨て猫がかわいそうか?そりゃカラスに喰われて死ぬかもしれないよ。それよりも、狭い狭い監獄に閉じ込められて餌と寝床だけ与えられて、それでいいってのか。たまには散歩にでも連れてやっているんだろうけれども。地獄だね、動物園は。動物たちにとってね。